カゲロウのお役立ちブログ

みなさんにとってのプラスαを発信していくブログです。車が大好きなので車関係の記事が多くなりますが、最後まで読んでもらえると幸いです。。

今週のお題は部活動なので、モテる部活は何か?中学、高校時代を振り返ってランキング形式にしてみた

春になり、部活に入るか入らないかで迷っていたり、どの部活がモテるのかと疑問に思っている学生も多いと思います。

 

ちなみに、私は学生時代卓球部だったのですが、全くモテませんでした(笑)

 

当時は卓球といえば、地味な人が入る部活、オタクばっかりというイメージが強かったと思います。

まぁ、実際に結構そういう人がうちの学校の卓球部にも多かったのですが(苦笑)

 

しかし、今現在では水谷隼選手がそういうイメージを払拭しようと頑張ってくれています(笑)

 

それでは、自分の中のランキングを第5位から順につけていきます。

 

第5位 

弓道

弓道部のモテ要素は、構えている姿勢や的に集中している表情が女子の目にはかっこよく映るように見えると思います。

しかし、意外とオタク系の男子も多いので、ちょっと暗いイメージが自分の中ではありました(笑)

 

第4位

テニス部

テニス部は爽やかで、ボールを力強く打つ姿がかっこいいですよね!

また、錦織圭選手などのイメージもあり、テニスは激しいスポーツって連想する方も多いかと思います。

 

第3位

野球部

野球をやっている人は熱血感があって、団体行動!って感じがしますね。

また、先輩後輩の関係も結構厳しいので、ちゃんと先輩には敬語を使って、礼儀正しいイメージがあります。

私の中学、高校でも結構野球部員はモテていました。

まぁ、私からしたらなんで坊主がモテるのかわからなかったんですが、何か惹かれるものがあるんでしょうね(笑)

 

第2位

サッカー部

サッカー部はチャラいって女子がよく言ってたんですけど、チャラいっていうことは要するにモテるってことですからね(笑)

サッカーしてる姿もかっこいいし、またイケメンが多いんですよね。

サッカー部は私の中でも羨ましいくらいモテてました。

 

第1位

バスケ部

プレーしている姿もかっこいいし、イケメンも多いし、高身長も多いのなんのって、モテ要素満載な部活でした(笑)

女子がバスケ部の試合を見に行くなんてことも結構あって、ほんとモテてましたね。

私も学生時代に戻れるなら、バスケ部に入りたいものです(T ^ T)

 

以上、私の独断と偏見でまとめたモテ部活ランキングでした(笑)

これからどんな部活に入ろうか迷っている学生の諸君、実際本当にこんな感じなので、ぜひ参考にしてみてね!

 

 

 

 

 

 

 

 

MacBookって意外と安く簡単に買えちゃうんですね

私は先日MacBook Airを購入しました。

ブログやネットビジネスを本気でやろうと思ったのがきっかけです。

なぜMacBookを買ったかというと、MacBookを持っているとなんかオシャレだなって思ったからです(笑)

スタバでコーヒーを飲みながらMacBookで作業のなんか自分の中では最高ですね(笑)

 

なので、正直全くMacBookの長所など知る由もなく、購入しました。

最初、使い始めたときは今までWindowsしか使ったことがなかったもので、すごく使いにくい印象を受けました。

しかし、MacBookの使い方でググってみると、実は色々なショートカットキーみたいなのが隠されていることを知りました。

そしてだんだん慣れてきて、今ではWindowsより使いやすいなと感じています。

まだまだ使い始めたばかりなので、MacBookを完全に使いこなせるようになったら、便利な機能などをまとめた記事を出したいと思います。

 

それでは本題、なぜMacBookを簡単にポンと買えたのか今から説明します。

 

「とりあえず、MacBookを買うならアップル専門店に行ってみるか。」と思い、「Csmart」という最寄のアップル専門店に行きました。

そして、MacBookには三種類あって、一番安くお買い求めやすい「MacBook」、そしてスタンダートモデルの「MacBook Air」そして現在最上級モデルと言われている「MacBook Pro」です。

私は、ブログを書くことをメインにやっていこうと思っていて、そこまでスペックは求めていなかったので、MacBookMacBook Airで迷いました。

そして価格の違いを見てみると、約一万円ほどしか変わらなかったので、MacBook Airを選びました。

 

それでも総額13万円弱だったので、貧乏な私は当然一括では買えません(笑)

完全に諦めモードに入っていたとき、店員さんから

「24回払いまで金利ゼロでローンを組めますよ。」

と言われて私の心が一気に動きました(笑)

そして私は即購入を決めて、簡単なローン審査をを受けて、ローンが通りました。

CDやDVDを観れるアクセサリも一緒にローンに組み込んで、総額約14万ぐらいになったのですが、140000÷24で月々5800円くらいだったら、携帯電話代と変わりませんよね?(笑)

そう考えると二年間、携帯電話代を払うつもりで月々5800円払って、MacBookが手に入るなら全然安く感じませんか?(笑)

しかも、金利ゼロなら全然損ではありません。

 

そして、購入して現在に至りますが、買ってよかったなって思います。

 

皆さんの中でMacBookの購入を考えている方は、金利ゼロでローンを組めるお店を探して、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

MacBook本当いいですよ〜(笑)

f:id:kd1341:20170426235932j:image

 

 

 

知ってる?タイヤ空気圧の重要性

皆さんはタイヤの空気圧の重要性について考えたことがありますか?

ガソリンスタンドに必ず置いてますが、セルフだと意外と空気の入れ方すら知らないという方も多いと思います。

しかし、教習所でも高速に乗る前にタイヤの空気圧をいつもより多く入れるように教えてもらうくらいですから、重要なのは間違いないのです。

では、少なすぎた場合や多すぎた場合のデメリットを簡単にまとめます。

 

少なすぎた場合

・パンクする可能性がある

・燃費が悪くなる

・タイヤの減りが早くなる

 

多すぎた場合

・スリップしやすくなる

・タイヤの真ん中だけが減ってしまう

・乗り心地が悪くなる

 

私が特に実感できるのは以上の6点です。

普通に運転していて、スピードを出すようなことがないのであれば、空気圧の基準値より+20kPaほど入れておくと燃費が向上して、良いのではないかと思います。

ちなみに、タイヤの空気圧の基準値は運転席側のドアを開けた所に、このように書いてあります。

f:id:kd1341:20170425211933j:plain

もし、空気の入れ方がわからないのであれば、セルフじゃないガソリンスタンドに行けば、店員さんから入れてもらえます!

 

次にスポーツ走行をする上でのタイヤの重要性を書いていきます。

主に私の体験談になりますが、FF車に乗っているときは、フロントの空気圧を低めに設定し、リアを少し高めに入れていました。

それは、コーナ進入時に適度にフロントに荷重を乗せてあげると、リアが少し流れて車の角度を早めに変えて、早めに加速していくようにする為です。

 

また、冬場はタイヤがなかなかグリップしてくれないので、基準値240に対してフロント180、リア200というようにかなり低めにしていました。

タイヤの空気圧は走っているとだんだん上昇してきます。

 

そして、私の中で一番グリップしてくれる空気圧が200だったので、わざとフロントを180にし、走っているうちに200に持っていけるようなセッティングをしていました。

 

このことを私が学習するまでは、フロントを基準値、リアを+20ぐらいで走っていたため、なかなかタイヤはグリップしてくれませんでした。

そして、友人から「タイヤの空気圧を落としてやったら、すごいグリップするよ!」というアドバイスを受けて、そこから自分なりの走りやすい空気圧を探し出し、研究した結果が上のような数値だったのです。

 

このように、スポーツ走行をする上でタイヤの空気圧というものは本当に大事なものなのです。


今回はFF車についてのセッティングをベースに書きましたが、FR、MR、4WDと駆動方式によって、それぞれセッティングが異なってきます。


皆様も空気圧について、このブログを参考に考えてみてはいかがでしょうか?

本当に変わりますよ(笑)

 

 

 

とりあえず自己紹介を

初めまして、「カゲロウ」と申します。

初投稿で何から書いていいのか分からなかったので、自己紹介をさせていただきたいと思います。

 

年齢は20代でとにかく車が大好きな車バカです(笑)

愛車はMR2のSW20で他にも色々な車に乗りました。

 

車でドライブするのも好きなのですが、私は特にスポーツ走行(もちろんサーキット)が好きで、自分の努力次第でテクニックが上がっていくのがすごく実感できるので、本当に車はやめられません(笑)

 

スポーツ走行をしていて、結構車の欠点が見つかって部品を交換したり、定期的にメンテナンスをしてあげないといけないものですから、自分でみんカラやブログで調べて整備や交換をしているうちに結構技術が身に付いたかな?と思っています。

それを元に、このブログで自分なりのやり方や知識にはなりますが、スポーツ走行をしているうちに学んだことや、部品の交換方法、メンテナンス方法を記事にしていきます!

 

他にも雑記や皆様に役立つ情報、商品のレビューなどもどんどん記事にしていくので、どうぞよろしくお願いします!